未来の地球、子供たちまで・・・大きな視点で正直に皆さんの家づくりを応援します!!
正直住宅,環境住宅,エコロジー,住宅,家,eco,セミナー,購入,未来,子供,大阪府大阪市

未来の地球、子供たちへ、正直な皆さんを応援します!! 未来へつなげる正直・環境住宅 - エコロジー 家 eco 未来の地球、子供たちが幸せになる正直で環境にやさしい住宅づくりを! 正直・環境住宅では、初めて家を購入する方へ、事前に知っておいてほしい住宅情報をお届けします!エコロジー情報も満載! 正直,環境,エコロジー,住宅,家,eco,セミナー,購入,未来,子供,大阪府大阪市 正直な家づくりのコンサルタント正直合同会社 〒540-0011大阪府大阪市中央区農人橋1-1-7谷町エクセルビル4F TEL/06-6949-8823FAX/050-3488-4910 URL/http://www.shoujiki.jp/

木造住宅ってどんな家?!

本日のテーマは、日照と通風

本日のテーマは、日照と通風です。
配置やプランニング、また、断面計画において、冬の日照と夏の通風確保が重要である。


●日照のコントロール
冬至の南中時における太陽高度は、東京では30度ほどになり、夏至では、約80度にもなる。
夏の日差しを遮るには、少しでも軒を出すことができれば、日陰をつくることができる。
対して、冬はかなり奥まで日が差し込む。
配置計画とプランニング、さらに断面計画でなるべく日照を確保できるようにする。
市街地では、建物が密集するなど、思うような採光を得られない。
そこで、吹き抜けをつくることで日差しが1階まで入るようにしたり、2階に居間をつくる逆転プランを取り入れることで、日照を確保することもできる。
こうすることで2階の屋根に日が当たる程度であっても、ある程度の日照を確保することができる。

●通風の確保
夏の通風を確保するためには、部屋の対角線方向に、2つ以上の窓を設ける必要がある。
また、暖められた空気は上昇する性質があるため、高い所に窓をつくり、上方向に熱気を逃がすようにする。
高所に窓を設ける場合、オペレーター式の窓や内倒し窓にしておけば、専用のポールで簡単に解放することができる。
そして、室内全体で、空気が流れるルートを確保するようにする。
勝手口の扉に上げ下げ窓を一体的に取り付けた、採光通風窓を有効に使うとよい。
格子やよろい戸の雨戸など、通風のためだけでなく、窓を開けることによる、防犯上の対策も、十分考えておく必要がある。

ということで、開口部がたくさんあるだけでは効果が得られないですね。
通風を考え、適した位置に適した大きさの開口部を設けることが重要です。


次回のテーマは、敷地環境を読み取るです。
乞うご期待!

 | キーワード:
« 【山梨】世界基準の省エネ住宅研究セミナー | メイン | 本日のテーマは、敷地環境を読み取る! »

コメントを投稿

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。



セミナー開催日程
お知らせ
コンテンツ
メルマガ配信登録 mail 住宅に関する情報をいち早くお届け!QRコードを読み取り名前を入力して、メールを送信!
正直な家づくりのコンサルタント正直合同会社
〒540-0011
大阪府大阪市中央区農人橋1-1-7
谷町エクセルビル4F
TEL/06-6949-8823
FAX/050-3488-4910
URL/http://www.shoujiki.jp/
会社概要詳細はこちら>>
正直な家づくりのコンサルタント正直合同会社

未来の地球、子供たちが幸せになる正直で環境にやさしい住宅づくりを!エコロジーで正直なみなさんのはじめての家づくりを応援します!
正直な家づくりのコンサルタント 正直合同会社  〒540-0011 大阪府大阪市中央区農人橋1-1-7 谷町エクセルビル4F
TEL/06-6949-8823  FAX/050-3488-4910  URL/http://www.shoujiki.jp/