未来の地球、子供たちまで・・・大きな視点で正直に皆さんの家づくりを応援します!!
正直住宅,環境住宅,エコロジー,住宅,家,eco,セミナー,購入,未来,子供,大阪府大阪市

未来の地球、子供たちへ、正直な皆さんを応援します!! 未来へつなげる正直・環境住宅 - エコロジー 家 eco 未来の地球、子供たちが幸せになる正直で環境にやさしい住宅づくりを! 正直・環境住宅では、初めて家を購入する方へ、事前に知っておいてほしい住宅情報をお届けします!エコロジー情報も満載! 正直,環境,エコロジー,住宅,家,eco,セミナー,購入,未来,子供,大阪府大阪市 正直な家づくりのコンサルタント正直合同会社 〒540-0011大阪府大阪市中央区農人橋1-1-7谷町エクセルビル4F TEL/06-6949-8823FAX/050-3488-4910 URL/http://www.shoujiki.jp/

木造住宅ってどんな家?!

本日のテーマは、敷地環境を読み取る!

本日のテーマは、敷地環境を読み取るです。


●敷地の置かれている環境
設計の初期段階で、敷地の環境を把握し、設計を進めるための基本的な方向性を決めていく。
そのためにも実際に敷地に立ってみて、敷地そのものと周囲の状況を把握する。
どのような空間がふさわしいか、敷地に立って想像してみよう。

(1) 道路との関係
敷地は、敷地に接している道路の幅などにより、そこに建てられる家の大きさが変わってくる。
また、敷地は、条件の異なることもあるが、原則として道路に2m以上いなければならない(接道義務)。
道路と敷地との段差も設計に大きく影響する。
高低差がかなりある場合、擁壁で処理する場合や建物の基礎で処理する場合がある。
また、玄関の位置とアプローチの配置をある程度想定する必要がある。

(2) 近隣敷地との関係
周囲の建物の位置と開口部の位置も把握しておく。
建物がなくともできる範囲で、将来的なことを想定しておく。
境界のポイントを確認し、境界壁が境界線のどちらに寄っているか、あるいは中心なのかを確認する。
新規につくる場合も中心か、今後の補修なども考え、敷地内に納めることも多くなってきた。

●自然条件の把握
できれば晴れの日だけでなく、雨の日にも敷地を見ておくとよい。
季節ごとの状況も近所の方へのヒアリングなどで確認しておく。
敷地内だけでなく、周囲の地形や土地の条件を、資料や実際に歩いてみて確認する必要がある。
湿度や嵐、雨が降ったときの状況、日当たりなどの自然条件の把握も重要である。

※接道義務とは?
建築基準法で定められた、建築物の敷地が道路に2m以上接しなければならないとする義務のことをいう(法43条1項)。
都市計画区域と準都市計画区域内でだけ存在し、都市計画決定されていない区域では接道義務はない。

ということで、敷地環境はそこに建てられる家の大きさをはじめとして、さまざまな条件に影響を及ぼすため、しっかり調査したいものです。


次回のテーマは、地盤のチェックです。
乞うご期待!

 | キーワード:
« 本日のテーマは、日照と通風 | メイン | 本日のテーマは、地盤のチェック! »

コメントを投稿

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。



セミナー開催日程
お知らせ
コンテンツ
メルマガ配信登録 mail 住宅に関する情報をいち早くお届け!QRコードを読み取り名前を入力して、メールを送信!
正直な家づくりのコンサルタント正直合同会社
〒540-0011
大阪府大阪市中央区農人橋1-1-7
谷町エクセルビル4F
TEL/06-6949-8823
FAX/050-3488-4910
URL/http://www.shoujiki.jp/
会社概要詳細はこちら>>
正直な家づくりのコンサルタント正直合同会社

未来の地球、子供たちが幸せになる正直で環境にやさしい住宅づくりを!エコロジーで正直なみなさんのはじめての家づくりを応援します!
正直な家づくりのコンサルタント 正直合同会社  〒540-0011 大阪府大阪市中央区農人橋1-1-7 谷町エクセルビル4F
TEL/06-6949-8823  FAX/050-3488-4910  URL/http://www.shoujiki.jp/