未来の地球、子供たちまで・・・大きな視点で正直に皆さんの家づくりを応援します!!
正直住宅,環境住宅,エコロジー,住宅,家,eco,セミナー,購入,未来,子供,大阪府大阪市

未来の地球、子供たちへ、正直な皆さんを応援します!! 未来へつなげる正直・環境住宅 - エコロジー 家 eco 未来の地球、子供たちが幸せになる正直で環境にやさしい住宅づくりを! 正直・環境住宅では、初めて家を購入する方へ、事前に知っておいてほしい住宅情報をお届けします!エコロジー情報も満載! 正直,環境,エコロジー,住宅,家,eco,セミナー,購入,未来,子供,大阪府大阪市 正直な家づくりのコンサルタント正直合同会社 〒540-0011大阪府大阪市中央区農人橋1-1-7谷町エクセルビル4F TEL/06-6949-8823FAX/050-3488-4910 URL/http://www.shoujiki.jp/

木造住宅ってどんな家?!

本日のテーマは、軸組工法!

本日のテーマは、軸組工法です。


●従来からある工法
建物をかたちづくる骨組のことを軸組と呼び、柱などの垂直な部材と、土台・胴差・桁などの水平な部材を組み固め、そこに1階や2階の床組と屋根をかたちづくる小屋組を組み合わせ、それぞれ接合し、軸組をつくっていく。
軸組工法は、従来からある木造住宅の工法で、在来工法とも言われている。
社寺や数奇屋建築、古民家にも使われていたが、現在、住宅の多くで使われている。
現代の軸組工法は、ベタ基礎やプラスチック床束、厚物合板により根太を省いた床組や、
合板による耐力壁などの使用が主流となっているが、つい最近まではこれらは存在しなかった。
軸組工法といっても、時代によってつくり方が変化していることを覚えておきたい。
軸組工法の壁のつくり方は2種類あり、壁の仕上げとして、柱や梁を隠す大壁と、和室の壁で、柱や梁を見せる真壁とがある。
伝統的な木造住宅では、真壁が一般的な納まりであったが、現在では大壁納まりが一般的となっている。

●軸組工法の材料
柱は、スギやヒノキ、梁はベイマツを使うことが多く、丸太の梁には国産のマツを使うのが一般的である。
また、柱、梁とも集成材を使うことも多い。
社寺はヒノキ、数奇屋建築では印象として柔らかさを出すために、スギを使う。
床柱や上がり框などは、銘木と呼ばれるような、質の高い特殊な木材を使用している。
土台は、ヒノキやヒバ、さらによいとされているのが、枕木にも使われていたクリである。
また、輸入のツガ材(ベイツガなど)に薬剤を注入する注入土台も使われている。

数奇屋とは?
数奇屋自体は庭園の中に独立して建てた茶屋。
数奇屋づくりとは、茶屋建築の手法を採り入れた建物をいう。
16世紀末期に流行し、装飾性を排した簡素な仕上げや、面皮柱を使うことが特色といえる。

ということで、耐力壁と床組や小屋組の水平面を固めることで成り立つ工法です。


次回のテーマは、枠組壁工法です。
乞うご期待!

 | キーワード:
« お客様から嬉しいメールを頂戴しました! | メイン | 本日のテーマは、枠組壁工法! »

コメントを投稿

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。



セミナー開催日程
お知らせ
コンテンツ
メルマガ配信登録 mail 住宅に関する情報をいち早くお届け!QRコードを読み取り名前を入力して、メールを送信!
正直な家づくりのコンサルタント正直合同会社
〒540-0011
大阪府大阪市中央区農人橋1-1-7
谷町エクセルビル4F
TEL/06-6949-8823
FAX/050-3488-4910
URL/http://www.shoujiki.jp/
会社概要詳細はこちら>>
正直な家づくりのコンサルタント正直合同会社

未来の地球、子供たちが幸せになる正直で環境にやさしい住宅づくりを!エコロジーで正直なみなさんのはじめての家づくりを応援します!
正直な家づくりのコンサルタント 正直合同会社  〒540-0011 大阪府大阪市中央区農人橋1-1-7 谷町エクセルビル4F
TEL/06-6949-8823  FAX/050-3488-4910  URL/http://www.shoujiki.jp/