未来の地球、子供たちまで・・・大きな視点で正直に皆さんの家づくりを応援します!!
正直住宅,環境住宅,エコロジー,住宅,家,eco,セミナー,購入,未来,子供,大阪府大阪市

未来の地球、子供たちへ、正直な皆さんを応援します!! 未来へつなげる正直・環境住宅 - エコロジー 家 eco 未来の地球、子供たちが幸せになる正直で環境にやさしい住宅づくりを! 正直・環境住宅では、初めて家を購入する方へ、事前に知っておいてほしい住宅情報をお届けします!エコロジー情報も満載! 正直,環境,エコロジー,住宅,家,eco,セミナー,購入,未来,子供,大阪府大阪市 正直な家づくりのコンサルタント正直合同会社 〒540-0011大阪府大阪市中央区農人橋1-1-7谷町エクセルビル4F TEL/06-6949-8823FAX/050-3488-4910 URL/http://www.shoujiki.jp/

木造住宅ってどんな家?!

本日のテーマは、小屋組!

本日のテーマは、小屋組です。


●和小屋
屋根を支える骨組みを小屋組という。
木造住宅では、伝統的な和小屋を用いてつくられることがほとんどである。
和小屋は、小屋梁を外周壁と間仕切の上に架け、その上に小屋束を立てて、母屋や棟木を支え、垂木を受ける。
母屋を約90mmピッチにするか、垂木を大きめにして約1千800mmピッチで入れていく。
垂木は、金属板などの軽い屋根材で葺く場合と瓦などの重い屋根材で葺く場合とで断面寸法が変わってくるが、軽い屋根葺き材で母屋900mmピッチの場合45mm角以上、1千800mmピッチの場合75mm角程度となる。
地震に抵抗するため、小屋組にも梁間・桁行各方向に耐力壁を入れるようにする。
隅角部には火打ち梁を入れて、水平剛性を確保できるようにする。
以前、小屋梁は丸太を多く使っていたが、最近はプレカットで加工するため、角材を使うことがほとんどである。
また、あまり使われることはないが、トラスで屋根を支える小屋組を洋小屋という。
細かい部材を組み合わせることで、大スパンを支えることができる。

●登り梁・垂木構造
登り梁・垂木構造は、梁などの水平部材を省略した形式の小屋組である。
通常、梁は水平に入れるが、高さの違う梁を結んだり、勾配天井にするために、斜めに登り梁を架けるのが登り梁構造である。
登り梁は梁の一部が高くなり、構造上不安定になる場合があるため、登り梁以外の部分で、水平部材を入れることがあるので注意したい。
垂木構造は、垂木のせいを大きくして、中間に母屋や梁を入れない小屋組である。
木材の使用量はやや増えることになるが、架構がシンプルなため、構造を露したときすっきり見える。

和小屋とは
小屋梁などに小屋束を立て組んでいく小屋組のこと。束立て小屋とも呼ぶ。
住宅で間仕切が多く、梁間が小さいものに使用される。水平力に弱いため、補強を行うとよい。


ということで、強い小屋組を作るには、小屋組にも小屋筋かいなどの耐力壁を入れて、水平力にも抵抗することが必要です。


次回のテーマは、外装計画です。
乞うご期待!

 | キーワード:
« 本日のテーマは、N値計算! | メイン | 本日のテーマは、外装計画! »

コメントを投稿

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。



セミナー開催日程
お知らせ
コンテンツ
メルマガ配信登録 mail 住宅に関する情報をいち早くお届け!QRコードを読み取り名前を入力して、メールを送信!
正直な家づくりのコンサルタント正直合同会社
〒540-0011
大阪府大阪市中央区農人橋1-1-7
谷町エクセルビル4F
TEL/06-6949-8823
FAX/050-3488-4910
URL/http://www.shoujiki.jp/
会社概要詳細はこちら>>
正直な家づくりのコンサルタント正直合同会社

未来の地球、子供たちが幸せになる正直で環境にやさしい住宅づくりを!エコロジーで正直なみなさんのはじめての家づくりを応援します!
正直な家づくりのコンサルタント 正直合同会社  〒540-0011 大阪府大阪市中央区農人橋1-1-7 谷町エクセルビル4F
TEL/06-6949-8823  FAX/050-3488-4910  URL/http://www.shoujiki.jp/